会社からもらうお給料にはいくつかの体系があります。

日給月給制とは一体何か
日給月給制とは一体何か

日給月給制とは一体何か

会社からもらうお給料にはいくつかの体系があります。そのなかでも一番分かりづらいのが、日給月給制かもしれません。月給制とはどのような違いがあるのでしょうか。月給制とは「月何万円」というように固定給となっています。働いている月の中に遅刻や早退や欠勤があっても、その分を給与から差し引くという原則はありません。

一方の日給月給制は、日給制度を基にした給与体系であります。給与の計算は1日単位で行いますが、支払いについては1月単位で行うという給与体系になります。そのため働いている月の中で、遅刻や早退や欠勤があった場合はその分は給与から控除される仕組みになっています。そのためこの給与体系を採用している場合は、入社時に遅刻・早退・欠勤の時間分は給与から控除することを伝えておかないと後々トラブルのもとになってしまいます。

なぜこのような制度があるかというと、給与の支払いは月1回の給与支払日にまとめて支払うということで、経費の支出を遅らせることが出来るからといわれております。更に欠勤分の賃金を支払わないため経費の削減につながるともいわれています。現在このような給与体系をとっているのは中小企業で多いようです。また大企業でも契約社員等に採用されていることもあります。